読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日なたの窓に憧れて

メンヘラなおたくの雑記です。

ズッこけています

思考

 

 

 

息が苦しい。

 

サークルに顔を出さなくなってから何ヶ月も経ちます。大学に入ってから、だんだんとフェードアウトするはずだったオタク業に金を出し時間をかけ、サークルの友人(友達とは思ってないけど)とはほとんど交流もなく。たまにツイッターで会話する程度。

 

なんのため、ということをよく考えます。

 

 

わたしは何のためにこのサークルに入ったんだろう。音楽は好きです。大好きだ。わたしの日々の中に音楽がないなんてことはありえない。じゃあ、サークルがない生活は?普通に、過ごせる。不自由なく。むしろ快適に。

大学生になったら、サークルに入るもんだと思っていた。いい歳になったし、オタクを卒業して、オタクじゃない友達を作って、彼氏も作って、「普通」の女子大生になろうとしていた。ならなきゃいけないと思っていた。というか、なるもんだと思っていた。

 

でも、わたしにはその「普通」が難しい。

サークルで作った交友関係で遊びに行ったり、ライブをやったりする度にもやもやして、これでいいのかって考えて…………。上手くいかなかったわけじゃない。オタクじゃない友達も一応はできたし、サークルにも馴染んでないわけじゃない。ただ、わたしの気持ちがついていかない。大学で、「普通」の女子大生のフリをするのに疲れて、大好きな俳優に救いを求めて…………。

「普通」ほど難しいものはないです。オタクじゃない友達といても、楽しいのは一瞬だけ。というか、パンピとつるんでるっていう達成感が消えたらあと残るのは違和感のみです。あまりに意見も価値観もすべてが違いすぎる……。夜通し遊ぶの、疲れる。無意味な噂話、疲れる。無意味な噂話をされるのも、疲れる。テンション高いだけのくだらない飲み会、楽しくない。ノリだけの恋愛、興味ない。

 

だからといって、オタクとしても、わたしは三流です。俳優のために身を粉にして働き、現場に通い、花を出し、手紙を書き、高額なプレを貢ぎ、他のオタクからの罵詈雑言に耐え…………そんな俳優オタクの優等生みたいなことは、わたしにはできない。他のオタクに叩かれたらすぐ凹むし、ちょっと舞台に通えば疲れてサボるし、面白くない舞台行きたくないし、そもそも、風やキャバやって金稼ぐほど俳優に自分の人生を捧げられない。執着してるはずの人ために生きることすらできない。

 

オタクとしてもパンピとしても三流、単位を落としまくって学生としても落第ギリギリ。

わたしはどうしてこんなにダメダメ人間なんでしょう。もっと頑張れよ。それはわかってる。わかってるけど、でも、じゃあ、なんのために今わたしは、毎朝、横たえた身体を起き上がらせるんでしょうか。このまま、ずーーーーーっと身体を横たえて、終わってしまいたいという欲求。みんなはなんのために頑張るの?なんのために、朝、起きようって思えるの?わたしが生きてられるのは俳優に執着心があるからで、それが消えたらわたしはなんにも頑張れないがらんどうな人間になるのです(生きることで精一杯だけど)。でも、俳優への執着心がある限り、わたしの精神はぐらぐらぼろぼろ、ずっと不安定なまま。

 

弱い人間が強くなるのに、辛い現実ばかりぶつけても無意味です。どんどん弱っていくばかり。じゃあ、弱い人間が強くなるには、否、通常レベルのまともさを手に入れるには、どうしたらいいんでしょう。